読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意志と無意識

日曜日は 早起きだ

回りは 寝静まっている

いつもは 家族の

慌しい 声で 起こされる

息をひそめ 家族の寝顔を

そっと見る

僕より 背の高くなった長男は

少し 気持ち悪い

男を感じて しまうのかな?

僕を たまに 起こしに

来る 娘も 同じ思いなのかな…

浜木綿の唄

和歌山の旅路

●宮城道雄●

生年月日:1894年4月7日

出身地:神戸市

死没:1956年6月25日 (62歳)

宮城 道雄は、兵庫県神戸市生まれの作曲家・箏曲家である。旧姓は菅。十七絃の発明者としても知られる。大検校であったため、広く「宮城検校」と呼ばれた。 『雨の念仏』などの随筆により文筆家としての評価も高い。

 紀州の名士・実業家の小竹林二氏と親交があり、たびたび白浜を訪れた宮城道雄は、「浜木綿」と題した白浜をうたう詩を作り、この詩に自ら曲をつけました。

●浜木綿●

温泉の匂ひほのぼのと

もとおりきたる鉛山の

これの小径いくめぐり

今平草原にわれはたたずむ

かぐわしき黒潮のいぶき

妙なる浜木綿の花のかおり

うずいして一握の砂を掌に掬べば

思いはかの千畳敷三段壁

はては水や空なる微茫の彼方につらなる

ああ常春のうるわしき楽土よ

時に虚空にあって聡に鳶の笛澄む

朝もよし木の国の白良浜やこれ

8歳で失明した宮城道雄。匂いや音や触感や体全体で感じ取った白浜が歌われています。宮城道雄が詩を作った曲はこの「浜木綿」が唯一で、宮城道雄がとても白浜を気に入っていたことが伝わります。

http://photo.SNS.jp/view_photo.pl?photo_id=2247643635&owner_id=63610899

私が住んでいる町より

20分ほどで宮城道雄が亡くなられた場所に行く事が出来ます。

国鉄東海道線刈谷付近で特急から転落して亡くなられました。

紀州博物館前に立つ銅像

凄く優しい笑顔で私を出迎えてくれました。

あなたでしたか!

和歌山県白浜町

ミスチル ホールツアー2017 ヒカリノアトリエ ライブレポ 序章

3月22日水曜日、NHKホール公演に行ってきました

初のホール、初のぼっち参戦、ということで、ドキドキしながら会場に向かいました。ライブ自体久々だし、なんだかデートに行くみたいな心境♪

開場の10分前くらいに到着。もうすでに開場を待つながーい列が出来てました。結構風が強くて、北風ビュービューの寒い中、まだかまだかと待つ私

列が進みだして、意外と早く入口まで到着。QRコードをDLしたスマホと免許証を用意して、いざ出陣!!

しっかりと顔、名前チェックされましたよ。ジロジロ見られました。

ここでようやくチケット発券、座席が判明しました

1階席P2列…ん?P?とりあえず、1階席!近いかな♪くらいな感じで、よくわからないままグッズ売り場へ。

まったく混雑してなくて、5分も待たずに購入できました♪ピンクタオルと付箋を購入。こはるちゃんデザインのユルドレン達、すごくかわいい

トイレ行って、お祝いに届いた沢山のお花の写真を撮って、いざ1階へ!

壁にあった座席表を確認してみると、なんとびっくり!!P2列ってスッゲー前じゃん!!しかもまん中じゃん!!信じられない…動揺しまくり…

すかさず妹にヤバイ、ヤバイ…とラインしていました。

でも2列目だから前に人いるし、大丈夫大丈夫、そう思っていざ行ってみたら…

あれ?1がない…え?うそ?なにこれ?え?え?えーーーーーっ!?

まさかまさかの最前列ーーーーー

このときの私、めっちゃ挙動不審人物だったはず…

訳もわからぬまま着席したものの、この現状を分かち合う人が居ない!!ぼっち参戦、こういうとき辛い

暫くボーッとステージを見つめ、後ろをチョロッと振り返ってみて「うわ、すごい人!!」とまた動揺。

私がこんな席でいいのかな?なんか申し訳ない…嬉しいんだけど、どうしよう.…そんな複雑な心境でした。

少ししたら大学生くらいの女の子2人組が隣に座り、「すごいすごい!!」って大興奮。それを隣で聞いていて、何度話しかけようと思った事か…

結局話しかけはしなかったけど、彼女達の会話に「うん、うん、そうだよね」って心の中で話してました。

この日は収録があるらしく、ステージ前にカメラが何台かありました。桜井さんを録るメインカメラは遠隔操作で動くもので、レールの上をゆっくり左右に動いてましたね。今どきは無人カメラなのねって感心してしまいました。

そうこうしていると、18時半を過ぎ、場内にアナウンスが!始まる!!始まっちゃう!!どうしよう!!!!

場内が暗くなり、ステージにメンバー登場!!

近い!顔がしっかり見える!!本物ー!!

いつも画面でみている人達が、まるで3Dプリンターで出てきちゃった!みたいな、そんな感じ。

これは夢?現実?

動揺しているなか、1曲目が始まりました。

想い。

安心している気持ち。

不安な気持ち。

落ち着かない気持ち。

可愛いって思う気持ち。

全ての感情が入り交じるけど、

確実に言えるのは、

昨日までとは、全然違う僕。

自信をもって言えることができたから。

朝には太陽が昇って

夜には月が昇る

そんないつまでも当たり前に続くような日々に、

なれば良いなと思っている。

利根川水系の貯水量が少ないんですが・・・

最近雨が降らないので、利根川水系の貯水量がどんどん減っているのでございます。

「雪解け水」には期待が出来るんでしたっけ?

「水系別貯水量の推移 | 水源・水質 | 東京都水道局」

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/suigen_g.html

■土曜はお出かけ日和 日曜は傘の出番

(日本気象協会 - 03月25日 08:43)

『パッセンジャー』

金曜の仕事終わりに公開初日の『パッセンジャー』を観てきました。

あらすじ:

近未来。豪華宇宙船アヴァロン号は5000人の乗客を乗せて地球を旅立ち、遠く離れた移住地に向かって航行していた。乗客は目的地に到着するまでの120年間を冬眠装置の中で安全に眠り続けるはずだった。ところが、航行中のアクシデントが原因で一つのポッドが不具合を起こし、エンジニアのジム(クリス・プラット)だけが目覚めてしまう。ほどなく自分以外に誰も起きていないことに気づくジム。それもそのはず、地球を旅立ってまだ30年しか経っていなかった。つまり、ほかの乗客が目覚めるのは90年も先で、それはこの宇宙船の中でたった一人きりで残りの一生を過ごさなければならないことを意味していた。それから1年が過ぎ、孤独に押し潰されそうになっていたジムは、目覚めたばかりの美しい女性オーロラ(ジェニファー・ローレンス)と出会うが…

感想:

ジェニファー・ローレンスクリス・プラットという今もっとも観客を呼べるであろうスター二人の共演作です。出演者もほぼこの二人だけです。序盤はクリス・プラットの一人演技が続きます。下手すれば退屈な流れをこの旬のスターは持ち前の魅力で観客を引き込みます。彼は決して美男子ではないけれど親しみのあるルックスと隙のあるキャラクターを演じさせたら今やハリウッド1であり、本作でもその武器を活かして物語に誘うことに貢献しています。しかしそんな彼でもジェニファー・ローレンスの魅力の前には歯が立たないのです。彼女が登場するや視線はどうしても彼女に注がれてしまうのです。そんな二人が出ずっぱりの物語ですが、やはり恋愛要素は欠かせないと考えたのでしょうが前面に押し出され過ぎており、クリプラがやってはいけない選択をしてしまったのか、ジェンが彼を許すまでの心情の描き込みが浅く、取ってつけたようなクライマックスも盛り上がりが中途半端になってしまってます。主演二人を堪能するだけなら十分でしょうが、もっと良質な物語が観たかったのが本音です。

(点数:60点)

原題:PASSENGERS

製作年度:2016年

製作国:アメリカ

監督:モルテン・ティルドゥム

出演:ジェニファー・ローレンスクリス・プラットマイケル・シーンローレンス・フィッシュバーンアンディ・ガルシア

この際だから

■【森友学園問題】「政治的関与」「寄付金集め」「認可取り下げ」籠池氏、2週間で180度?変節?…証人喚問も深まる疑問

(産経新聞 - 03月24日 12:42)