読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆3月1日誕生日はこの方!

 おはようさんです。今週入ってちょっと春に足踏みの山奥は友達さん情報の西の空の星々のショーも楽しめない雲があちこち邪魔な日々です。それでも「どこかで春が生まれてる どこかで水が流れ出す どこかでひばりがないている どこかで芽の出る音がする 山の三月・・・♪」)by 作詞:百田宗治、作曲:草川信)。2月の如月は昨日まで!今日からいよいよ春は3月弥生ですね。3月と言えばMARCH!動画はみっちりねこマーチ(笑)。人気は短かったのでしょうか(^^;。

https://www.youtube.com/watch?v=lAIGb1lfpBw

フットボールの楽しさ伝播のため愛の玉蹴り伝道師(笑)が凹まずお薦めの今日の動画はこれだ(-_☆)V!ACLグループ・ラウンド第2戦第1日目が昨夜ありましたが、う〜むなJリーグ勢順調な発進から黒星第一号(_#)。仕方ない、このまま週末Jリーグ第2節は凹んだままを希望の鹿さん、わんこが優しくガツンと待ってます(←オイ)。さてこのところ取り上げていませんが(ちゃんとチェックしています)、欧州各国リーグ優勝の行方はぼちぼち最終コーナー曲がる辺りでイングランドプレミアシップは首位チェルシーと2位トッテナムの勝ち点差は10とう〜む、イタリア・セリエAは首位ユヴェントスと2位ローマとの勝ち点差は6、ドイツ・ブンデスリーガは首位バイエルンと2位のエナジー飲料ライプツィヒとの勝ち点差は5、フランス・リーグアンは首位モナコと2位PSGとの勝ち点差は3、ラ・リーガ・エスパニョーラは首位Rマドリードは1試合未消化ですが2位バルセロナとの勝ち点差は1等々、まだどうなるか判らないリーグもあって目が離せません。が、今日は今季開幕したJリーグでも佳境の欧州でもそうですが、先だってもラ・リーガ

でモメてたりJ1開幕の第1節の「横浜F・マリノスVS浦和レッドダイヤモンズ」でも何やらあった話の審判の件、こうした動画がJリーグ開幕直前にJFAから公開されていたのでフットボールにちょっとでも関心ある方は是非10分余りですが、観ておいて損はないと思います。

 JFAの説明だと、この動画は普段は関係者のみのこれよりも長い映像で各クラブと試合関係者のみに毎年観てもらうものを、今年から初めての試みでより多くの方々に競技規則の解釈、適用について判り易く説明したものとのこと。試合中の選手のプレー、そして審判員の判定について正しく理解してもらい広く共有されることを目的なんだそうです。尚、今季からJリーグもイングランドプレミアシップと同じく試合で判定に疑問が生じた場合にこれまでの意見書提出という一方通行から相互に代表者との意見交換の場が設けられたそうです。とにかく疑惑の判定とか審判が主役の試合の無いシーズンを望みたいですね。

・Jリーグ2017年・競技規則スタンダード

https://www.youtube.com/watch?v=EiJkVtJYESo

※新規な方が見つかり難くなりつつあります(苦笑)。まだやるかの何年目突入か忘れてますが東西ミュージシャン(楽曲指名もOK)でもぞの分野の誰でも誕生日アップのリクエスト募集中。365日いつでも歓迎。下書きは大凡作ってありますが出来たら前日より前にお願いします。

★今日3月1日誕生日はこの方!

・北海道夕張郡由仁町生まれで3歳過ぎ頃から東京都江東区深川育ちのDJでディレクター、実業家、亀渕昭信(1942)。ゴスペル・シンガーの亀渕友香は妹。ニッポン放送第二代社長の鹿内信隆と同郷とか。兵庫県淡路島出身の家系とか。早稲田大学在学中にニッホン放送でアルバイトをしてラジオ番組のアシスタントを経て64年卒業後正式に入社→アメリカで約一年サンフランシスコ州立大学とラジオ事情を研究して当時のロック・シーンを直に触れて帰国してその後若者向けと音楽番組を担当して斉藤安弘アナウンサーとのカメ&アンコーのコンビで深夜放送で人気となり「オールナイト・ニッホン」をそのまま長く担当してパーソナリティーの発掘等で裏方でも活躍。ニッポン放送代表取締役社長時代にライブドアの買収騒動で久々に観た姿は疲れていましたが、その後NHKで数年ラジオ番組を担当した頃は昔の軽妙な喋りに戻ってホッとしましたね。アナウンサー出身ではないのですが、聞きやすい日本語ですね。

東京府東京市世田谷区(現、東京都世田谷区)生まれで5歳の時だけ母親の郷里愛媛県新居浜市父親の郷里福島県福島市育ちのドラマーでコミック歌謡曲シンガー、コメディアンでタレント、俳優、加藤茶(1943)。父親はバンドマンでギタリストだったとか。元々はトロンボーン奏者を目指していたもののドリフがまだバンド主体だった頃はドラム担当。ステージ名はハナ肇が名付け親。今でも病気で安静を命じられた時以外はボケ防止のためにスティック握って毎日1時間練習すると対談番組で言っていました。

富山県新湊市(現、射水市)生まれの漫画家、花咲アキラ(1956)。本名なんですよね!代表作は愛読していたビッグ・コミック・スピリッツで初回からの83年連載開始「美味しんぼ」(原作は雁屋哲)も一昨年だったか何だかゴタゴタに・・・。床屋さんと病院待合室定番コミック本ですね。

★3月1日誕生日はこの方!(新規で〜す()

■今日誕生日!オクラホマ州ダンカン生まれで58年からカリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド育ちの映画監督で脚本家、プロデューサー、俳優、ロン・ハワード(Ron Howard 1954)。両親や兄弟息子等の家族揃って俳優一家。子役として幼少時から10代は俳優として活躍でシリーズ物でレギラーとか。73年「アメリカン・グラフィティ(American Graffiti)」出演は記憶です。子役時代から制作側に興味で志望は早くから監督業で中退となったものの南カリフォルニア大学映画学科選考。77年には早くも映画監督デビューして85年「コクーンCocoon)」がヒットして知られるようになりました。88年「ウィロー(Willow)」やこれは良かった91年「バックドラフト(Backdraft)」や93年「アポロ13Apollo 13)」、2001年「ビューティフル・マインド(A Beautiful Mind)」でアカデミー賞監督賞で、結構ハリウッド映画らしい作品幾つか06年「ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)」等々と大作から地味作までとファンタジーやSF、人間ドラマからサスペンスとジャンルは何でもござ

れで作風は一つこれだ!はない方のような(笑)。ビートルズThe Beatles)のドキュメンタリーも手掛けていましたね。今日から全国火災予防運動が始まりました。昨日も痛ましい火事の報道ありました。火の用心!

https://www.youtube.com/watch?v=rTwgbwYTWdQ

◆前回までに登場の3月1日誕生日洋楽ミュージシャン!

ニューヨーク市ハーレム生まれで少年時代4年間ジャマイカのどことか育ちのポピュラー・シンガー、俳優、社会活動家、ハリー・ベラフォンテ(Harry Belafonte 1927)。ジャマイカ系アメリカ人は尊称‘キング・オブ・カリプソ(King Of Calypso)’ですね。デイ・オー♪(Day-O)の56年「バナナ・ボート(Banana Boat Song)」ですね。子守歌に聴いたような(嘘)。

・イギリスはロンドン市ハマースミスのシェパーズブッシュ(現、ハマースミス・アンド・フラム・ロンドン特別区)生まれのロック・シンガーでSW、ギタリスト、プロデューサー、俳優、ロジャー・ダルトリー(Roger Daltrey 1944)。誰も聞いてないと思いますが彼はアーセナルFCファンで知られています。エリザベス女王デヴィッド・ギルモア(David Gilmour)にジョニー・ロットン(Johnny Rotten)なんですが並んで観戦は絶対あり得ませんね(笑)。幼少時は学業優秀も近所の悪がきんちょのピート・タウンゼント(Pete Townshend)とジョン・エントウィッスルJohn Entwistle)とバンド組んでからは成績ガクンと(^^;。61年から本格的に活動のデトゥアーズ(The Detours)のリードVoとしてその後のザ・フー(The Who)のリーダーで身長164センチの金髪カーリィ・ヘアなびかせて絶叫でありました。

・イギリスのサリー州ベッチュワース生まれのポップ系シンガーでsw、ピアニストでギタリスト、マイク・ダボ(Mike DAbo 1944)。66年にマンフレッド・マン(Manfred Mann)のリードVoを先だって誕生日のポール・ジョーンズ(Paul Jones)から交代引き受けて活動でSWとしても作品提供で多彩な活動で知られています。

・イギリスのランカシャー州ブラックバーン生まれのキーボード奏者でピアニスト、ロック・シンガーでSW(作詞・作曲家)、プロデューサー、画家、トニー・アシュトン(Tony Ashton 1946--2001-05-28)。15歳で学業を切り上げた時にはピアノが評判でジャズやブルースやソウル系の演奏者としてブラックプール界隈のバンドを経てリヴァプールのレモ・フォー(The Remo Four)にオルガン奏者とVoで参加し68年ジョージ・ハリスンGeorge Harrison)の後ろ楯でデビュー。70年代にアシュトン・ガードナー&ダイク(Ashton. Gardner & Dyke)を結成→その後も幾つかのバンドやプロジェクトで活動。

・イギリスのエーボン州ブリストル生まれのロック系シンガーでSW、ギタリストでキーボード奏者、ニック・カーショウ(Nik Kershaw 1958)。誰も聞いていないと思いますがフットボール少年だったようです。が、ブリストルはライバル2つのクラブでどっちですかね。13歳の時にスレイド(SLADE)を聴いて球蹴りから音楽に夢中となりその方面に邁進。ポール・ヤング(Paul Young)とハワード・ジョーンズ(Howard Jones)と並び80年代ブリティッシュ・ヤング・シンガー御三家ですかね(^^;。

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれでテネシー州ナッシュビル育ちのダンス・ポップ・シンガーでSW、ケシャ(ケシャ・ローズ・セバート)(Kesha : Kesha Rose Sebert 1987)。母親もシンガー・ソングライターのペベ・セバート(Pebe Sebert)。母親に音楽の手ほどきを受けてハイスクール中退して活動で2005年18歳でポップ系シンガー・ソングライターでプロデューサーのマックス・マーティン(Max Martin)と同じくプロデューサーのドクター・ルーク(Dr. Luke)に見出されて本格的に活動でまずSWとして作品提供が注目され09年ソロ・デビューで一気に全米ヒット連発。

 こうした方々から一曲参ります。ロジャー・ダルトリーです。64年ザ・フーとしてのクレジットでデビュー曲、65年全米93位、全英8位のピート・タウンゼント作。

・アイ・キャント・エクスプレイン - ザ・フー

 I Cant Explain - The Who

https://www.youtube.com/watch?v=h3h--K5928M

 カヴァー幾つかですが、こちら88年で彼ら風に上手くやっていますよね。

・アイ・キャント・エクスプレイン - スコーピオンズ

 I Cant Explain - Scorpions

https://www.youtube.com/watch?v=8pKlaXuGrwA

★3月1日誕生日洋楽ミュージシャンはこの方!(新規これだけ)

■今日誕生日!(友達のサルサまんさんリクエストありがとうございます)。アイオワ州クラリンダ生まれのジャズ・トロンボーン奏者でSW(作曲・編曲家)、ビッグバンド・リーダー、グレン・ミラー(Glenn Miller 1904--1944-12-15)。ドーバー海峡でイギリスの爆撃機がドイツ爆撃の帰路に上空で廃棄した爆弾による航空機墜落で航空事故死40歳(アメリカ軍慰問の為のフランス移動中の事故)。ドイツ系アメリカ人です。コロラド大学卒業後に楽団に所属するも28年フリーのトロンボーン奏者として活動開始。あの有名な「ムーンライト・セレナーデ)Moonlight Serenade)」は駆け出しのフリー時代の自身のための練習曲として書いたのは逸話ですね。37年グレン・ミラー・オーケストラ(Glenn Miller Orchestra)を結成して絶頂期の42年バンド解散して志願して主に慰問のための空軍バンドを結成。その2年後・・・。亡くなるまでの44年までが実質的活動期間ですが、短期間にSWとしてまたバンド・リーダーとして才能発揮で成功を収めています。ビルボードの全米チャートが発表前から多数のヒット曲がありますが、私でも知っている

(笑)、41年全米(旧)1位とした世界初のゴールドディスク「チャタヌーガ・チュー・チュー(Chattanooga Choo Choo)」や42年全米(旧)1位の「真珠の首飾り(String Of Pearls)」等は広く音楽ファンに知られていますね。また、ジャズに詳しくなくとも53年映画「グレン・ミラー物語(The Glenn Miller Story)」で知られ知名度が高いミュージシャンです。

選曲いただいた動画は数ある有名曲ある中をこちらとのこと、ジョセフ・ウィナー(Joseph Winner)がイーストバーン(Eastburn)名義で作曲して1869年発表の主にパーティーの席で演奏され様々な歌詞もあったようですね。39年にスウィング・ジャズとしてアレンジさせ大ヒットとなりジャズのスタンダードの一曲となっています。尚、禁酒法時代は自粛曲だったとか(^^;。

・茶色の小瓶 - グレン・ミラー

 LITTLE BROWN JUG - GLENN MILLER

https://www.youtube.com/watch?v=YOG89TrL4Vk