読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝落ち

出掛けようとしていたトーマスです。

今日は出掛けようとしていたんだよなぁ。

しかし、目覚めたらどうにも寒くて、布団から出られなかった。

あぁ、もう出なアカン、もう出なアカンーー。

そう思っている内に、夜になってしまったらしい。

ひどい話である。

そのようなわけで、怠惰を少し恥じているのだ。

春眠は暁を覚えないという、古人の格言を言い訳に使わせてもらうくらいしか、自己を繕いようがない。

あと、寝過ぎて腰が痛い。

まったく、ひどい話である。