読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和楽器、笙は唄う「自作曲で笙を演奏する」

和楽器、笙は唄う「自作曲で笙を演奏する」

キスミー!

さあ、今日も一部のコアな和楽器マニアに人気のシリーズでございますよ!

綺羅です(*´∀`*)

さて

このデリケートかつ使い回しのし難い和楽器「笙」ですが、自作曲に合わせるにはシンセサイザーのチューニングを合わせないといけませぬ^^;

通常A(ラの音)=440Hz、クラシックでは442Hzくらいでしょうか?

雅楽では430Hzです!^^;細かい絶対音感あるヒトは気持ち悪くなるくらいのズレです。

しかもピアノとかの平均律でなく、5度の和音が正確な「ピタゴラス律」です^^;;;

そこでシンセサイザーをこんな風にチューニングしてあげます!

そんでもって

指使いの楽譜がこんな感じだったのですが、まあギターでいうところの「TAB譜」みたいに指使いを記録したものです。

現代曲での笙の使い方としては大まかに

1.完全に和声をバラして、自分の書いたメロディーや和声を演奏する

2.自分の書いた曲に合いそうな合竹(笙独自の和音)を選んで演奏する

の2つの方法があります。

今回は

笙独特な和音である「合竹」を使いたかったので2.の方法で行きます!

ベースラインがこんな感じだと

「A C A D F# A」

合竹(和声)はこんな感じになります。

この時点でクラシックの和音に慣れた方々からは見放されそうですが^^;

この2度の和音がぎゅーっと入っているのが独特な日本の雅な音なんだと思ってます!

それを和名に直すとこんな感じ。

「乞 比 乞 下 乞」

これを指使いに直すとこんな感じです。

管の配置が音高順ではないので

五線譜の譜面からいきなり演奏するのは難しいのですよ/(^o^)\←現代曲が普通に吹ける方、尊敬します!

次回でデモの一部くらい発表できるかな?まあ、焦らない^_^

とれとれきゅん