読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望こそ宝だ…♪

いつも有難うございます。躍動の1日ワクワクドキドキ…今日も一歩でも前へ…

※名言の紹介※

◆一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日。

一日を一生の如く真剣に生き、一生を一日の如く気楽に生きたい。

 岩淵 克郎

     

※命に活力を…※

■人生は劇だ。この世の

瞬間の、権力も地位も名声も、一瞬の夢であり、

幻の如く、消え去っていくことを忘れまい。

生き抜くのだ!徹して強く、生き抜くのだ!

★クイズ を 解こう ★

★ A子さんは、30歳年上の彼と結婚しましたが、彼が突然病気で亡くなってしまいました。彼には先妻がいて、先妻との間に子供Bがいます。A子さんにはまだ子供がいませんが、お腹の中に5ヶ月の胎児Cがいます。このとき、遺産相続権があるのは誰でしょうか?

1. A子さん、子供B

2. A子さん、子供B

、胎児C

◎幸運を呼ぶ宝箱※◎

◆ただ単に大胆なだけでは、完璧な仕事はできません。一方、繊細なだけでは、新しいことにチャレンジする勇気は生まれません。仕事においては、豪快さと緻密さという二律背反するような性格を備え、局面によって使い分けられる人物を必要とします。私は、繊細でシャープな神経の持ち主が、幅広い経験を積むことによって、真の勇気を身につけていった時にはじめて、理想的な人物になれると思っています。

このように生まれついている人はあまりいません。しかし、どちらかの性格を備えた人が、意識して努力すれば、より高いレベルでバランスのとれた人間になれるのです。

大胆な性格でれば、繊細な性格であれ、自分の生まれつきの気質を補うように努力しなければなりません。 【稲盛和夫

クイズの答えです?

☆ 2. A子さん、子供B

、胎児C

相続法の大原則として、

「同時存在の原則」があります。これは、被相続人の財産が相続によって相続人に移転するためには、

相続開始の時点で相続人が存在していなければならないという原則です。

この同時存在の原則の重要な例外として、胎児の扱いがあります。

「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす」(民法886条1項)とされているのです。

よって、本問においては、妻A子さん、先妻との間の子供B、そして胎児Cも、

相続開始の時点で既に生まれたものとみなされるので、遺産相続権があります。ただし、胎児Cが死産であったときは、この例外は適用されません(同2項)