読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜MILLS キッチン 207〜

今日はさ、食材の買出しに張り切って8時頃には家を出たんだ。

快晴であたたかな春風を感じる素敵な1日のなか、イラっとしたことが。

前の車の運転手、窓から腕をだらりと出して点いてる煙草の灰をポトポト…。

この行為って昔から大嫌いで、ほんとムカムカしてくる

もし友達さんでやってる人いたら、ぜったいにやめてくださいね

<アボカド納豆寿司> (オ)

使用食材:ひきわり納豆・アボカド・寿司酢・米・海苔・わさび醤油

⇒なんとなくアボカドと納豆の組み合わせが良さそうに感じたので

まぁどちらも醤油で食べることが出来るので間違いではないと思うけどさ。

不器用なので握り・盛り方がダメダメとはいえ想像通りになったかな。

ただ、アボカドと納豆の比率は7:3くらいでアボカドが多いほうがいいかも

<豚バラ肉のゴルゴンゾーラ煮込み> (オ)

使用食材:牛乳・ゴルゴンゾーラチーズ・塩・豚バラ肉・白ワインビネガー・黄人参

⇒簡単に言えばクリームソースで肉を煮込んだということだね

豚バラ肉はワインビネガーで下味を付けて脂の方から焼いて旨みも出します。

ゴルゴンソースで煮込み、旨みの出たソースをコーンスターチでとろみ出し。

できればレアっぽいのが理想だったけど、チーズの香りといい文句は無いでしょ

<鮭の春包み焼き> (オ)

使用食材:菜の花・わさび菜・うるい・黄人参・鮭・塩・酒・バター・醤油

⇒ホイル焼きってだいたい玉ねぎやキノコ類が主だけど、春なんでね。

わらび・こごみ・ふき・うど等で考えてたのを急遽変更しました。

味は単純なバター醤油だからシンプルに美味しいって感じるはず

ってか、メインの鮭以上に味の染みこんだ野菜たちが素敵すぎ

<えびラーメン>

使用食材:※1 食材が多すぎるので下部参照。

⇒マレーシア料理。マレーシアらしさの鍵はエビになります

濃厚な鶏がらスープを作り、空焼きしたエビの殻を加え多くの調味料のペースト。

全体としては薄いテイストでも、そのぶん酸味・辛味やエビの旨みなど感じるんだよ。

たぶんまた食べたい!って人はいないと思うけど(笑)

タイ米のレアチーズケーキ> (オ)

使用食材:粉ゼラチン・クリームチーズ・砂糖・レモン汁・ヨーグルト・生クリーム・ビスケット・無塩バター・タイ米

⇒最近はスパイスカレーをやってなくて使わずにいたタイ米を利用。

タイ米の香りってけっこう気に入ってるので、バニラエッセンス等は使いませんでした。

ポイントは最後にこさず米粒食感を残してあるところ

飾り気のない普通のレアチーズケーキとはいえ、味が気になる人は多いはず

※1

使用食材:中華麺・赤海老・もやし・チンゲン菜・ミーゴレンの素・たまねぎ・唐辛子・にんにく・ナンプラー・チリパウダー・えび塩・えびみそ・こしょう・サラダ油・フライドオニオン・コリアンダーピータン・鶏ガラスープ(鶏ガラ/にんにく/生姜/長ネギ/煮干し/白こしょう)