読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるこ

わたしのこと、

「ちびまるこちゃんみたい」とよく言っていたひとがいた。

https://youtu.be/OTk8sPnWRaI

わたしは、

あの人のことを、この物語りのようにずっと想っている。

もう逢えないけれど、

いつでも、いちばんの味方で

心のなかでずっと見守っているよ。

体調が良くなって、心から笑って、大切なひとと幸せに暮らしてほしい。

あの人がわたしのこと思い出さないくらい、幸せな毎日を過ごせるなら

わたしと出逢ったこと、一緒に過ごした記憶があの人のなかから全部消えても、

わたしは寂しくない。

だけどあの人が寂しくなったら

不安になったら

自信がなくなったら

「あなたのそんなところもいい」と想っていたわたしがいたことを

いつでも思い出してくれたらいいなと思う。

今でも、そう思っているから。

きっとあの人が辛く苦しい日々のなかで頑張ってきたこと、

無駄じゃなかったと思う。

だって、わたしはそんなあの人に救われたから。

あの人は人を幸せな気持ちにしたり、

笑わせたりする才能がちゃんとある。

それにいつか、自分で気がついてくれますように。